ログイン | 新規登録
メインメニュー

ほの研ブログ - 最新エントリー

ナナフシ

カテゴリ : 
今日の共想法 » ティータイム共想法
執筆 : 
TadenumaY 2009-9-20 8:50
 “ななふし”とは、なんとも不思議な形をした昆虫である。朝、玄関を開けると、そのドアの内側にはりついていた。 竹箒の一枝がひっかかった?などと思ったが・・・下にフンをしているので生きている。玄関ドアーは、何回も開閉するのに全く動かず、一日中じっとしていた。 体長20センチ程、大きいほうだとか。漢字では竹節虫と書くが、葉や枝、竹に擬態するなんとも面白い昆虫である。もちろん、見たのは初めて、何か良いことがあるかしら?
市民研究員:Y.T.さん


ナナフシ(竹節虫)



ちゃんと小さな眼があります。

コメント:市民研究員 Y.S.さん
 私も一度プールサイドの雑木林でY.T.さんと同じナナフシを見たことが有ります。近くにいた人が教えてくれました。触ろうとすると下に落ちじっと動かず死んだふりをしていましたがどう見ても棒きれにしか見えません。
 アメリカ西海岸の南端、サンディエゴで開催された国際会議でふれあい共想法について発表した際、会場の庭の一角に青い朝顔が咲いているのを見つけました。日本の夏を象徴する朝顔ですが、南国の庭にびっしりと咲くと、まるでハイビスカスのようです。よく見ると隣の彫像にはつたがぐるぐると、へびのように巻きついています。この話をしたら、青い朝顔はアメリカ原産と教えて頂きました。
M.O.さん


サンディエゴの朝顔

コメント:市民研究員 S.N.さん
我が家でも外来種朝顔を育てましたところ、サルスベリの木をぐるぐる巻きにしてしまったことを思い出しました。また場所がサンディエゴとのこと30年も前の滞在の思い出に耽りました。

至福のとき

カテゴリ : 
今日の共想法 » ティータイム共想法
執筆 : 
TadenumaY 2009-9-20 8:30
 蕪村ニストという言葉がある。専門家に使われるらしいが、拝借して仲間入りした積りでいる。蕪村の世界は人間味あり、軽妙さあり、潔さあり、ほろ苦さあり。春夏秋冬を問わず、時代を越えてタイムスリップできる。秋の夜長は待ち遠しい季節。暮らしの慌しさに煩わされず、句や絵が鑑賞できればまさに至福のとき。
市民研究員:S.N.さん


蕪村ニスト

コメント:市民研究員 I.U.さん
“菜の花や月は東に日は西に”中学生の頃親しみ易い俳人だと教わり以後ニストにはほど遠いのですが蕪村大好き派です。素晴らしい模写絵も驚きです。S.N.二ストになりそうです。

コメント:M.O.さん
「御室の又平」については、蕪村俳画「又平花見図」(模写)の記事をご覧ください。
共想法は、テーマを決めて写真などの素材と共に話題を持ち寄り、時間を決めて話し手と聞き手が交互に交代しながら会話し、想いを共有する手法です。標準的な方法では、一人三枚の写真を用いて、持ち時間五分で話題提供します。

「一分共想法」は、短い時間で共想法のエッセンスを実感していただく目的で、ほのぼの研究所二周年記念講演会をきっかけに編み出した新しい実施方法です。一人の持ち時間は一分で、写真一枚を用います。短い時間で会話のきっかけを作ることができます。ティータイムに一分共想法を行うのが「ティータイム共想法」です。

2009年8月25日に開催した第一回ティータイム共想法では、六名の市民研究員、賛助会員が、手賀沼の蓮の花や白いセミなど、夏休みに見つけた面白いものごとについて、一人一分で写真一、二枚を使って順に話しました。話題提供がきっかけとなり、次々と質問や、他の参加者のエピソードが飛び交いました。

今後とも、市民研究員や賛助会員を中心にティータイム共想法を試行し、これまで共想法に参加された方、これから参加してみたい方が気軽に集える場に育てていく計画です。

大武美保子(ほのぼの研究所所長)

蓮の花

カテゴリ : 
今日の共想法 » ティータイム共想法
執筆 : 
TadenumaY 2009-9-13 9:00
 蓮の花に憧れ、過去幾度も手賀沼を訪れましたがいつも近くで見る事が出来ず歯がゆい思いで諦めるのが常でした。今回(8月15日)も“近くで見える”と云う情報のもとに水の館の対岸にある蓮田に勇んで出かけてみましたが場所が違ったか?遠くにちらほらしか見えず、悔しいから葉っぱの写真を撮り帰宅しましたが話によると8月上旬にはす祭りが有りはす船(400円)に乗ると花の咲いている所まで連れて行ってくれると云う事です。涼しくて気持ちいいでしょうね〜!
市民研究員 Y.S.さん


手賀沼の蓮の花


コメント:M.O.さん
 手賀沼の蓮の花が盛りとの知らせが届き、どなたかいらっしゃる方は写真を撮って下さいとお願しましたら、さっそく次の日に撮影され、その前に見た上野不忍池の蓮の花の写真と一緒に見せて下さいました。Y.S.さんの行動力にはいつも感激します。

不忍池の蓮の花

カテゴリ : 
今日の共想法 » ティータイム共想法
執筆 : 
TadenumaY 2009-9-13 9:00
“蓮の花が沢山咲いているところを見たい”とこぼしましたら7月31日頃“上野の不忍池の蓮田が見頃ヨ〜♪”と教えてくれた友人がいて早速出掛けて行きました。手賀沼の事もありどうせ大したことはないでしょう と高をくくっていましたが行って見てビックリ!余りの豪華さに夢ではないかと我が身を疑うほどでした。沼一面に花が咲きカメラを向ければどこでもシャッターチャンス…勿論手前にも花がいっぱいで感激もひとしおでした。話では、朝咲いて昼には閉じ都合4日間咲き続けるそうですが神秘的なたたずまいは正にお釈迦さまにピッタリと思いました。
市民研究員:Y.S.さん


上野不忍池の蓮の花



上野不忍池の蓮の花



上野不忍池の蓮の花

手賀沼の蓮の花

カテゴリ : 
今日の共想法 » ティータイム共想法
執筆 : 
TadenumaY 2009-9-13 9:00
 10年前より手賀沼には、自生の蓮の群生地がある。しかし、最近では、なかなか岸辺近くには咲いてくれない。それもそのはずで、今は、岸辺には葦が生い茂り、蓮はどんどん沖においやられてしまうのである。ここは柏市のガイドマップにも載っている場所でもあり、市民のために、桟橋や見晴台なども作ってあるのだから、蓮の手入れも怠らないで欲しいと思うのである。
市民研究員:Y.T.さん


岸辺より遠くに咲く蓮の花



葦に追われ哀れな蓮の花

住宅の軒下の蓮

カテゴリ : 
今日の共想法 » ティータイム共想法
執筆 : 
TadenumaY 2009-9-13 9:00
 毎朝、妻がスーパーへお買物に行く途中、住宅街の軒先でみつけた蓮の花です。大きなプラスチックの容器に、数株ずつ、3鉢ほど植えてありました。手賀沼など自然の広いところでなく、住宅街で発見した清々しい光景でした。
市民研究員:A.T.さん


玄関先の蓮

コメント:市民研究員 Y.T.さん
 奥様と買い物に行く途中、民家の玄関先に咲いていた蓮をパチリ。普通の家の庭にハス? 水を張るのでボウフラがわくのではないかと心配です。しかし、さすが共想法経験者、買い物に行くのにもデジカメを持参とは、さすがと感心しました。

スポーツジムで運動

カテゴリ : 
今日の共想法 » 好きなものごと
執筆 : 
TadenumaY 2009-9-6 9:00
 好きなものごとは、スポーツジムで運動する事です。入会理由は病院の血液検査で引っかかった事ですが、それから運動が好きになりました。
 主に、ストレッチ、ランニング、筋トレを行い、仕上げはジェットバス、サウナです。 体重は2kgくらい落ちますが、スポーツジムより好きなビールで、体重は戻ります。

ほのぼの研究所二周年記念講演会
ふれあい共想法公開実施参加者 K.I.さん



スポーツジム

市民研究員 K.T.さんのコメント:
 私も将来に備えて体を鍛える為2年前から通っていますが、今はお風呂だけ入って終わりにしていることに反省。
 私の勤務する建物のエレベーターホールです(ガラス張りです)。右側の通用口に行く際、左側入口附近に居た来客に声をかけようかどうしようかと迷っているうちに、鉄の柱におでこをぶっつけて大出血!「親切も中途半端はやめましょう」が教訓(それ以前に「脇見はやめましょう」)。幼稚園から小学校のころは、しょっちゅうケガをしていました。だんだん少年時代に戻るような!
  ほのぼの研究所二周年記念講演会
  ふれあい共想法公開実施参加者 T.M.さん



現場と傷


コメント:同参加者 Y.M.さん
私もわき見をしていてぶつかることがよくあります。ぶつかりやすいモノを作った方にも問題があると考えると癒されます。