ログイン | 新規登録
メインメニュー

ほの研ブログ - 最新エントリー

ミミズク戦法

カテゴリ : 
今日の共想法 » 笑い・失敗談
執筆 : 
 2009-6-7 9:40
 Yさんの友人が購入した別荘には、軒下に不思議な置物があった。
気を付けて見てみれば、ご近所の軒下にも同じものが設置されている。
しかし、あまり気にも留めていなかった。

 暫くたったある日、軒板に穴が開いていることに気付き、管理会社に連絡
したところ、これはキツツキが開けた穴であり、置物は木彫りの「ミミズク」で、キツツキ対策のものと判明した。
大きな体と鋭い目の睨みで「キツツキ」を寄せ付けないよう設置したもの。暫くは効果があったものの、遂に見破られて、また、穴を開けられてしまった。 
 名案は、一挙に明暗が逆転し“迷案”となった次第。
                 県民プラザ講座参加者 Y.Y.さん


ミミズク戦法

市民研究員 A.N.さん
 もしこの作戦が成功していれば、“キツツキ”に有効な「ミミズク戦法」として、注目を浴びていたことでしょうに。

議員さんはご多忙?

カテゴリ : 
今日の共想法 » 笑い・失敗談
執筆 : 
 2009-5-31 9:00
 世田谷に住んでいた時の話。民生委員をしていた近所のお年寄りの葬儀があった。黒い車が止まり区議のHさんが汗をタラタラ、満面笑みをたたえながら下りてきて、受付で真っ赤な顔で汗を拭き拭き話している。見送りを待つ我々は自然とそちらに目が行く。何と祝儀袋とお香典袋がやり取りされた後、何度々も挨拶をして帰って行った。

 我々が来る前に御参りをして帰ったものの、結婚式場で間違えに気づき照れ笑いをしながら戻ってきたと思うと、不謹慎ではあるが笑いを堪えるのに苦労した。議員さんはご多忙?
         県民プラザ連続講座受講者:Y.I.さん



ご祝儀?

市民研究員 M.T.さんのコメント
 汗タラタラの人、祝儀袋、香典袋と、絵を見ただけで内容が想像できます。 文を読むと「やはりそうか!」と納得、そして最後はニヤリ、で締めくくり。 
皆さん心当たりはありませんか。

オナガのピーちゃん

カテゴリ : 
今日の共想法 » 好きなものごと
執筆 : 
TadenumaY 2009-5-24 11:30
 近くの林で瀕死の状態で鳴いていたピー! 我が家に来て2週間たち、
元気いっぱいのいたずら盛り。 まん丸な黒い瞳で、お互いの目を覗き
込んでいた時、何を思ったのか、急に僕の瞳を黄色い嘴で突いた。
“痛かったのなんのって。” “目に入れても痛くない。”と思って
いたのに、あの時ばかりは大人気なく怒ったネ。 そのあと、キョトン
とした顔で芝生に下り、困った様子をしていた。
                     市民研究員 I.U.さん


オナガのピーちゃん


 なんとも可愛らしいピーちゃんの幼鳥の姿。 次回は、大人に育った
レディー・ピーちゃんとのエピソードが載ります。乞う。ご期待!
広報Y.T.
 

ごみの山

カテゴリ : 
今日の共想法 » 笑い・失敗談
執筆 : 
 2009-5-17 21:00
 習字は中学以来だが、今年で6年。妻は「こんなにゴミの山を作って、
省資源の時代よ」と情けなさそうに言っている。毎日のように広告の裏紙、
新聞紙で練習し「これなら」と決心して静かな環境で一気に清書。

 でも、あちこち不出来が見つかり、気がつけば“ゴミの山”イライラ
100%、星影のワルツの節にのせ『仕方がないんだ作品展に出すた
め・・・』と心の底でつぶやく。古人曰『書道と言うものは、心の像で
あり、自分の心がそのまま表れる』といいます。だから書道は心の鍛錬
修行であると理解させ、歩々精進していくことだと、自分自身に言い
聞かせているのですが・・・。
県民プラザ受講者 N.M.さん


ごみの山


市民研究員 M.T.さんのコメント:
 字の上手な方に気軽に揮毫を所望される人もいると思いますが、人に
書を贈るには膨大な練習量と膨大な用紙が必要です。作品展出品も同様
でしょう。心の鍛錬修業と省資源、ムムム(呻いている)。

肉食の魅惑

カテゴリ : 
今日の共想法 » 健康・食べ物
執筆 : 
TadenumaY 2009-5-10 13:50
 私の主人は糖尿病なので、我が家の食卓は、どうしても菜食中心と
なります。 肉が大好きな私にとっては結構ストレスで、たまには
「血の滴る」とまでは言わなくても、美味しいビーフ・ステーキなど
食べたくなります。 そんな矢先に肉屋さんからこんなハガキが舞い
込みました。
10%プライスOFFの和牛カルビの文字が思わず生唾を飲み込ませて、
このハガキを捨てることができません。その内、友達を誘って食べに
行こうと思っています。
          県民プラザ連続講座・受講者 S.O.さん


肉食の魅惑

市民研究員 M.T.さんのコメント:
 焼肉屋さんの販促チラシに思わず「血湧き肉躍らせた」S.O.さん
ご主人の体調から菜食中心となったようですが、このおかげで、
もともとの美しさが保たれていると言う事はありませんか。
 我が家の近くに柏の葉公園がある。 この公園の東側で東大の
グラウンドから癌センターに向かう柏の葉通りの両側の緑地帯に、
約150メートル間隔で三人の日本の彫刻家の他に独、仏、伊の作家の
ブロンズ像三基、計六基相対して設置されている。

 気がつかずに通り過ぎる人も多い。 勿体ない話である。これから
何年かけて内外の彫刻家の作品を増設して行き、この美しい欅通りが
「彫刻の並木道」として、柏の名所になったらと思っている。
            県民プラザ受講者 Y.O.さん


柏の葉通りを彫刻の杜に

市民研究員 M.T.さんのコメント:
 広く長い通り、欅並木、そして彫刻。 本当に勿体ない話ですネ。
名画「第三の男」のラストシーンではありませんが、映画のシーンに
利用されるようになると柏の新名所になるかもしれませんね。

やまなそば

カテゴリ : 
今日の共想法 » 笑い・失敗談
執筆 : 
TadenumaY 2009-4-19 17:03
 階段から落ちて救急車で運ばれたFさんのお父様は、医師から手術を
しても植物状態、しなければ、二日の命と言われた。 病臥中のお母様
は、手術をしない決断をされた。 お父様を囲んで親族が集り沈痛な
時が流れた。病院内のレストランで各々食事をしておくことになった。
何にしようかと思っていると、突然三男(さんなん)が「やまなそばで
いい。」と言った。「??」「ああ! 山菜そばネ」ひと時、つらい
気持ちを忘れてみんなで笑った。
            県民プラザ15回連続講座の受講者 Y.F.さん


山菜そば

市民研究員 Y.T.さんのコメント:
 本当に大変なときでも、誰かの一言で、みんなの気持ちがほっと
救われるのだと思った。 丁度、留学先から帰省していて、第2回
公開講座に出席した息子さんが、「やまなそばの三男です。母を
よろしく。」と挨拶されたのが印象的だった。

???????????

カテゴリ : 
今日の共想法 » ふるさと・旅行・近場の名所
執筆 : 
TadenumaY 2009-4-9 21:01
???????????????????????????????
???????????????????????????????
???????????????????????

??????????????????????????????
??????????????????????????????
?????????????????????????
????????????????????????????????
????????????????15???????????A.M.??


????????????

??????M.T.????????
???????????????????????????????
???????????????????????????????
???????????????????????????????
?????????????????

十勝平野

カテゴリ : 
今日の共想法 » ふるさと・旅行・近場の名所
執筆 : 
TadenumaY 2009-4-9 18:05
 ふる里(北海道、十勝平野・芽室町)の風景です。
緑色の作物はビート(甜菜糖)で、茶色は、小麦の収穫跡です。
ジャガイモ、小豆(赤いダイヤ)が主な作物。ここは大野国(相撲)
の出生地でもあり、また、ゲートボールの発祥地とも云われています。
落語家の楽太郎さんも、又、よく訪れているようです。

 小さい頃と、自然の風景は同じなのかも知れませんが、最近では、
高い所から(飛行機や展望台など)、十勝平野を眺められるようになり、
パッチワークのような畑の美しさ、山の美しさに改めて感動しました。
            県民プラザ15回連続講座・受講者 N.K.さん


十勝平野

ほの研日誌

カテゴリ : 
ほの研日誌
執筆 : 
fri 2009-4-6 22:50
ほのぼの研究所は、2007年7月に研究拠点として発足し、2008年7月には、運営組織がNPO法人化しました。この間、広報かしわを通じた公募実施、さわやかちば県民プラザでの連続講座開催など、多くの活動を行ってきました。ほの研日誌では、これまでとこれからの活動状況をお知らせします。

大武美保子(ほのぼの研究所所長)