ログイン | 新規登録
メインメニュー






ほのぼの研究所 (17)
関連機関・プロジェクト (7)
プロジェクト, 関連機関
関連手法 (3)
回想法, 福祉システム
掲載記事 (23)
ウェブサイト, テレビ, 雑誌, 書籍, 新聞
研究発表 (4)
出前講座 (2)
柏・流山研究都市 (7)
報道機関 (17)
テレビ, 雑誌, 書籍, 新聞


現在データベースには80件のリンクが登録されています。


最新リスト

カテゴリ: 関連機関・プロジェクト 関連機関
訪問理化学研究所 革新知能統合研究センター 最終更新日: 2017-7-1 14:51
説明:
理化学研究所 革新知能統合研究センターは、文部科学省が推進する「人工知能/ビッグデータ/IoT/サイバーセキュリティ統合プロジェクト」事業の研究開発拠点として2016年4月に設置されました。
当センターでは、革新的な人工知能技術を開発し、科学研究の進歩や実世界応用の発展に貢献することを目指します。また、人工知能技術の普及に伴って生じる倫理的・法的・社会的問題に関する研究や、人材育成も行います。

ヒット数: 57   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 関連機関・プロジェクト 関連機関
訪問パレット柏 最終更新日: 2017-7-1 14:46
説明:
パレット柏は、2016年に柏市にオープンした、柏市民交流センター、柏市民ギャラリー、柏市国際交流センター、柏市男女共同参画センター、市民活動サポートセンターの5つの施設の複合施設です。ほのぼの研究所は、2017年より、柏市民交流センター内コワーキングスペースを拠点に、活動を展開して参ります。

ヒット数: 41   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 掲載記事 テレビ
訪問2014年2月9日放送 夢の扉+ 人気 最終更新日: 2014-3-8 21:45
説明:
2014年2月9日放送 夢の扉+
あの“ぎんさん”の娘姉妹に学ぶ「認知症予防法」
ヒミツは、“おしゃべり”!? 会話+写真+工学で病に挑む!
ドリームメーカー:
千葉大学大学院 工学研究科 准教授/工学博士/大武美保子さん
夢の扉の鍵「答えは色んな所に眠っている 気づかないだけ」

ヒット数: 510   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 柏・流山研究都市
訪問We Love Kashiwa キャンペーン 人気 最終更新日: 2013-5-22 23:52
説明:
We Love Kashiwaキャンペーンは、市内で行われるさまざまなイベントを通して、柏のまちの魅力や人々の活気を市内外に伝えていくイメージアップ事業です。

このイメージアップ事業を官民一体となって展開するために、「We Love Kashiwa キャンペーン実行委員会」が設立されました。2013年4月から2014年3月の1年間、実行委員会が主催するイベントを中心に、市内の企業や地域などで開催されるさまざまなイベントとも連携し、多くの皆さまと一緒に柏市全体を盛り上げていくことを目的としています。

―We Love Kashiwaキャンペーンとはより

ヒット数: 637   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 関連機関・プロジェクト プロジェクト
訪問近未来チャレンジ 卒業生の体験談紹介 大武美保子氏 人気 最終更新日: 2012-9-8 0:58
説明:
認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学
近未来チャレンジサバイバー 大武美保子氏(千葉大学)
(チャレンジ期間:2007-2011年)

ヒット数: 656   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 関連機関・プロジェクト プロジェクト
訪問人工知能学会全国大会特別企画 近未来チャレンジ 人気 最終更新日: 2012-9-8 0:56
説明:
学術研究は「社会からの評価と奨励」に支えれてこそ繁栄するものであり、 人工知能の更なる発展には、社会にしっかり貢献する成果が必要不可欠です。 社会に貢献するには、 研究成果を「明確に時間で切って評価する」という姿勢が不可欠となります。 社会は次々と変化しており、今の社会のニーズを見て何十年も先に実現できる技術を研究しても、実現したときには社会は変わりはてた後でしょう。 こうした考えから、近未来チャレンジの企画では、 5年以内で社会貢献できる現実路線の人工知能技術を募集し、 優れたものを学会としてサポートすることにより、 強力なAI技術を世の中に送り出すことを目的としています。
―近未来チャレンジトップページより

ヒット数: 726   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 出前講座
訪問カフェイベントUtalk 人気 最終更新日: 2012-3-31 15:32
説明:
UTalkは、様々な領域で活躍している東京大学の研究者をゲストとして招き、毎月開催するイベントです。カフェならではの雰囲気、空気感を大切にし、気軽にお茶をする感覚のまま、ゲストとの会話をお楽しみいただける場となっています。(ホームページより抜粋)

ヒット数: 1073   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 報道機関 雑誌
訪問産学官連携ジャーナル 人気 最終更新日: 2012-3-10 10:52
説明:
独立行政法人 科学技術振興機構(JST)は、産学官連携活動をより活発に、より円滑に推進する一助としてのオンラインジャーナル「産学官連携ジャーナル」を平成17年1月15日に創刊しました。

発行にあたっては、JST外部の有識者で構成される発行推進委員会(委員長:阿部博之 科学技術振興機構顧問)にて編集・発行の方針を策定します。以下の2点を基本的な考えとしています。

産学官連携ジャーナルは、産学官連携分野に携わる多くの方々の議論の「場」を提供し、それを対外的に「発信」することにより、産学官連携活動の更なる促進と発展を図る。
産学官連携分野に携わる多くの方々から広く記事を求め、且つ広く提供する。
毎号の企画・立案は、編集委員会(委員長:高橋富男 東北大学 高度イノベーション博士人財育成センター シニアエキスパート)にて行います(「産学官連携ジャーナル刊行体制」参照)。

また、投稿原稿も広く受け付けています。

(産学官連携ジャーナルについて より抜粋)

ヒット数: 596   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 研究発表
訪問貢献する心−ヒトはなぜ助け合うのか[工作舎] 人気 最終更新日: 2012-2-11 17:49
説明:
上田紀行, 瀬名秀明, 大武美保子, 谷川多佳子, 長谷川眞理子, 大橋力.貢献する心−ヒトはなぜ助け合うのか,工作舎,2012.

ヒット数: 769   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 研究発表
訪問貢献する心−ヒトはなぜ助け合うのか[amazon] 人気 最終更新日: 2012-2-11 17:48
説明:
上田紀行, 瀬名秀明, 大武美保子, 谷川多佳子, 長谷川眞理子, 大橋力.貢献する心−ヒトはなぜ助け合うのか,工作舎,2012.

ヒット数: 1138   評価: 0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)