ログイン | 新規登録
メインメニュー



メイン : 関連機関・プロジェクト : プロジェクト : 


ソート順:  タイトル ()日付 ()評価 ()人気 ()
現在のソート順サイト: タイトル (A to Z)


カテゴリ: 関連機関・プロジェクト プロジェクト
訪問近未来チャレンジ 卒業生の体験談紹介 大武美保子氏 人気 最終更新日: 2012-9-8 0:58
説明:
認知症予防回復支援サービスの開発と忘却の科学
近未来チャレンジサバイバー 大武美保子氏(千葉大学)
(チャレンジ期間:2007-2011年)

ヒット数: 673   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 関連機関・プロジェクト プロジェクト
訪問人ロボット共生学 人気 最終更新日: 2012-1-8 14:16
説明:
新学術領域研究「人ロボット共生学」では,ロボットが日常生活の中に入る未来社会を,人々とロボットが信頼関係を作り,そのうえで互いに学びあえるようにな るという相利共生の状態としてとらえています.ロボットは,従来の「人を模した相互作用対象」という限られた役割を超え,人間社会の中で,高度に知的で創 造的な協調活動を誘発し,人々の間の相互作用の質を向上させる新たな役割を担います.そして,「他者」としてのロボットを介することで,自分自身と,ある いは他人とのやり取りを今までよりもスムーズにし,人間の相互理解がこれまでより格段に進む未来社会に向けた新たな学術領域を提案していきます.(研究概要より抜粋)

ほのぼの研究所では,人ロボット共生学の研究プロジェクトの一環として,ロボット研究員を導入し,人と人との交流を促進する手法の研究に取り組んでいます.

ヒット数: 592   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)

カテゴリ: 関連機関・プロジェクト プロジェクト
訪問人工知能学会全国大会特別企画 近未来チャレンジ 人気 最終更新日: 2012-9-8 0:56
説明:
学術研究は「社会からの評価と奨励」に支えれてこそ繁栄するものであり、 人工知能の更なる発展には、社会にしっかり貢献する成果が必要不可欠です。 社会に貢献するには、 研究成果を「明確に時間で切って評価する」という姿勢が不可欠となります。 社会は次々と変化しており、今の社会のニーズを見て何十年も先に実現できる技術を研究しても、実現したときには社会は変わりはてた後でしょう。 こうした考えから、近未来チャレンジの企画では、 5年以内で社会貢献できる現実路線の人工知能技術を募集し、 優れたものを学会としてサポートすることにより、 強力なAI技術を世の中に送り出すことを目的としています。
―近未来チャレンジトップページより

ヒット数: 749   評価0.00 (投票数 0 )
このサイトを評価する | 修正 |リンク切れ報告 | 友達に紹介 | コメント (0)