ログイン | 新規登録
メインメニュー
共想法
Co-imagination Method in January 2007「共想法」は、テーマを決めて写真などの素材と共に話題を持ち寄り、話し手と聞き手が交互に交代しながら、会話する手法です。テーマは、好きなものごと、健康、食べ物、笑い、失敗談など、多岐に亘ります。認知症予防に有効とされる認知活動(体験記憶、注意分割、計画)を支援することを通じ、認知症予防回復につなげることを目指します。
「ふれあい共想法」の誕生
FRI Director on July 2007認知症は、筋力トレーニングのように繰り返し同じことをすれば防げるというわけではなく、体験記憶、注意分割力、計画力といった総合的な認知機能を活用し高めることが、予防回復に効果があることが知られています。
このような中、認知症予防回復を目的として、大武美保子(千葉大学准教授・NPO法人ほのぼの研究所代表理事・所長)が開発した新手法が「共想法」です。会話は、認知症予防回復に効果的な認知機能を総合的に活用することから、画像を用いての会話が活発になるよう支援するシステムを開発し、これを用いて認知症の予防回復に役立てる「ふれあい共想法」プログラムを考案しました。
「ふれあい共想法」の実施手順
  1. 参加者は6人程度のグループ
  2. テーマに沿って写真とそれにまつわる話題を準備
  3. 司会者が画像を共想法支援システムに登録
  4. スクリーンに投影された画像を説明
  5. 単発または複数回実施の後、効果測定
共想法をより深く学ぶために
2012年1月、共想法に関する世界初の書籍「介護に役立つ共想法―認知症の予防と回復のための新しいコミュニケーション」が出版されました。介護専門職のための総合情報誌「おはよう21」での連載をもとに、連載で書ききれなかったことを加えてまとめられたものです。 本書の特徴は、各地で開催された共想法において、実際に用いられた写真と話題が、全部で30件以上掲載されていることです。共想法を通じて繰り広げられるほのぼのとした会話の雰囲気を豊富な具体例から楽しむことができます。基礎的な考え方と共に、準備や実施手順と活用事例が述べられています。共想法の入門に最適の一冊です。

詳しくは、ほの研ブログ記事介護に役立つ共想法、出版をご覧ください。

ふれあい共想法の活動に参加しませんか
Illustration of Co-imagination Program
  • 「ふれあい共想法」では、共想法参加者を募集しています。参加ご希望の方は、下記事項をご記入の上、メールにて事務局にご連絡頂ければ、説明会などのご案内を致します。この他、講演、出前講座のご依頼なども事務局までご相談下さい。

申し込み方法:
(1)氏名、(2)住所もしくは所属、(3)連絡先電話番号、(4)メールアドレスを明記の上、Eメールにて事務局宛にお送り下さい。

宛先:ほのぼの研究所 事務局
Eメール : frioffice'at'fonobono.org('at'を@に書き替えて送信下さい)
プリンタ出力用画面
友達に伝える