ログイン | 新規登録
メインメニュー

ほの研ブログ - 最新エントリー

新年のご挨拶2024

カテゴリ : 
ほの研日誌 » お知らせ
執筆 : 
fri 2024-1-7 8:00

房総夫婦岩

あけましておめでとうございます

旧年は、NPO法人ほのぼの研究所を設立して15年を迎える節目となる年でした。共に活動している皆様、活動を支えて下さっている皆様に、心より感謝申し上げます。

6月には、「共生社会の実現を推進するための認知症基本法」、通称「認知症基本法」が可決されました。本年より施行されます。この法律は、認知症の人が自身の尊厳を持ち、希望を抱いて生活を送れるようにするための法律ですが、認知症の予防に関わる取り組みの推進についても触れられています。共生と予防を柱とする認知症施策推進大綱と比べると、予防の要素が少なくなっています。予防にはさらなる研究が必要であることも一因であり、改めて、研究を加速し、社会に普及したいと意を新たにしました。一方、新型コロナウイルス感染症について、まさに共生と予防の段階となりました。5月8日以降、5類感染症に移行したことをふまえ、感染対策を施した上で、段階的に対面活動を再開する一年となりました。以下、2023年の主な取り組みについてご紹介します。

8月と12月に、2020年度よりオンライン開催、それ以前は現地開催してきた年2回開催する講演会を、現地とオンラインのハイブリッドで開催しました。約4年ぶりの現地開催、かつ、初めてのオンラインとの同時開催で、運営にはこれまでにない困難がありましたが、オンラインのみで交流してきた方に初めて対面できたり、旧知の方と約4年ぶりに再会したりと、特に現地では、対面での交流を喜び合いました。

月一回定期開催している共想法継続コースは、引き続き、スマートフォンおよびタブレットを用いた遠隔共想法形式で開催しました。遠隔共想法とは、スマートフォンおよびタブレットの画面に映し出される参加者が撮影した写真を見ながら、時間を決めて、参加者が順に話し、聞き、質問し合うものです。参加の輪は、関東近郊を中心に、九州まで広がりました。

11月には、千葉県流山本町界隈を散策して、共想法を行う街歩き共想法を実施しました。ほのぼの研究所主催による街歩き共想法は6年ぶり、またコロナ禍を機に共想法をタブレットやスマホで行う遠隔共想法に移行していたため、対面で共想法を行うのは約4年ぶりのことでした。江戸の情緒漂う旧市街を散策した後、緑あふれる庭園に囲まれた会場で、司会ロボットを用いた共想法を行いました。初めて共想法を体験された方が、共想法継続コースに参加頂ける運びとなりました。

この他、認知症予防と共想法の普及に関する新たな取り組みとして、40〜50代女性を対象とする認知症予防体験会を、理化学研究所主催で開催しました。骨密度、体組成、糖化度、脳疲労とストレスの4種類の身体測定と共に、司会ロボットを用いた共想法を体験頂き、早期介入への手ごたえを感じました。これは、ほのぼの研究所における活動の中で、認知症予防に有効な身体づくりを、40〜50代から始めることの必要性を実感したことに着想を得ています。

新年は、共想法体験会を開催するところから始めます。共想法は、話を聞いただけでは参加のイメージが湧きにくいため、興味を持って頂いた方には、参加している様子を横で見学頂いたり、機材を開催者が準備した上で体験参加頂いたりします。オンライン中心の活動の中で、出会いが限られてきた課題を解決すべく、新たな仲間を見つけるための活動、仕組みづくりに取り組んで参りたいと思います。

本年もご指導ご鞭撻のほど、どうぞよろしくお願い申し上げます。


2024年元旦
NPO法人ほのぼの研究所代表理事・所長
理化学研究所 チームリーダー 大武 美保子

 2023年12月5日(火)14時30分より、柏市文化・交流総合施設パレット柏のミーティングルームで、ほのぼの研究所クリスマス講演会を開催いたしました。本年8月のNPO法人設立15周年記念講演会に続き、会場とオンラインでのハイブリッド形式での開催で、柏市のフレイル予防ポイント事業としても承認されました。
 諸般の事情でご案内から開催までの日数が短く、定員数が限られた会場での企画でしたが、短期間にオンラインご視聴お申込数は約50名、現地参加申込者24名となりました。
 当日は冬らしい気温となり、お出かけへのご負担が案じられましたが、神奈川県、東京都、埼玉県、並びに地元東葛地域からご参集いただき、ほのぼの研究員、理化学研究所の関係者合わせて約40名が知見を共有いたしました。

2023年クリスマス講演会チラシ

 今講演会は、「暮らしに取り入れる認知症予防」と題して、招待講演講師に国立長寿医療研究センター 老年学・社会科学研究センターセンター長 島田裕之先生をお迎えし、「招待講演」「基調講演」「両講師の対談」「交流会」の4部形式としました。
 島田田裕之先生は、2019年の当所の設立記念講演会に引き続き、ありがたくも2回目のご登壇でした。その設立記念講演会でも、また、同年秋に開催したその講演会のビデオ鑑賞会においてさえも、視聴者の皆様が先生のご指導に合わせて、コグニサイズのトライアルで楽しく身体を動かし、会場いっぱいに笑顔が溢れたことが懐かしく思い出されました。

招待講演講師 島田裕之先生

 超ご多忙なスケジュールの中、午前の会議を終えて急ぎ愛知県の国立長寿医療研究センターから駆けつけて下さいました先生からは、認知症予防のための活動を効果的に暮らしに取り入れる極意をご教示いただけるものと、大変楽しみにしたことでした。
 大武美保子弊所代表理事・所長の開会挨拶に続き、おしゃれな先生には少々ご無理をお願いしたこともあり、開口一番、「初めてサンタ帽を着用して講演しますと」おっしゃり、「頑張らない認知症予防:コグニライフのススメ」の講話が始まりました。

 島田先生は平成15年北里大学大学院博士課程を修了(リハビリテーション医学)。東京都老人総合研究所研究員、Prince of Wales Medical Research Institute(Sydney, Australia)客員研究員、日本学術振興会特別研究員、東京都健康長寿医療センター研究所を経て、現在は国立長寿医療研究センターに所属。信州大学医学部、同志社大学の客員教授を併任。専門領域はリハビリテーション医学、老年学。高齢者の健康増進に関する研究を行っており、第10回社団法人日本老年医学会優秀論文賞、Geriatrics and Gerontology International Best Article Awardなどを受賞されております。現在は、認知症予防や寝たきり予防を目指した高齢者の健康増進のための効果的なプログラムの作成と効果検証の実践の他、近年では、日本医療研究開発機構や厚生労働省の研究班の代表研究者を複数務め、平成24年度介護保険制度改正にともなう認知症予防プログラムの改訂、サルコペニアの定義に関する提言等に関与なさるなど、ご活躍中です。

招待講演演題

 まず初めに、認知症に関するおさらいとして、グローバルな視点、研究・治験データを織り交ぜて以下のように説明をなさいました。

・認知症者の激増は、今後日本だけでなく、世界的な課題
  4,700万人(2015年)→7,500万人(2030年)→1億3,000万人(2050年)
・一番発症率の多いアルツハイマー病は症状が出る20年前から病変は始まっている
・日本の軽度認知障害(MCI)有病者率は21%であるが、一生懸命予防に取り組むと25%の人が正常に戻ることもわかっている→予防の重要性
・最近日本で販売開始となった認知症抗体治療薬レカメマブは、認知機能低下の速度を27%抑制し、発症を7〜8カ月遅らせる効果が示されているが、完全な回復や進行の停止はまだ不可能

 また予防戦略としては、中年期までは教育歴、中年期以降は生活習慣(高血圧・肥満・糖尿病・喫煙・運動不足などが発症の要因)が関連すると考えられ、それを抑制するために以下3つの柱がある。
 ’知症予備力(脳の体力)の向上
 脳のダメージの減少
 G召留蠑匹慮詐

 さらに、WHOの認知症予防ガイドラインとして以下が提唱されていることを述べられ、具体的には【運動習慣を持つことが認知症予防の1丁目1番地】だと説かれました。

WHOの認知症予防ガイドライン

 次いで、先生がご所属の国立長寿医療研究センターで考案なさった、単純な運動するだけでなく、頭を使いながら(例えば計算をするなど)運動をする「コグニサイズ」についての説明がありました。脳の前頭葉は、望ましい活動の選択・判断や長期記憶の保持に重要な役割を担っており、加齢に伴い低下しやすいところです。コグニサイズを行うと、前頭葉の活動が活性化するという検証結果があり、認知機能の改善に繋がると説かれました。ただし、認知症の発症を先送りできるかどうかの研究については、さらに研究が必要とされました。

 そして、以上の講話で挙げられたように、認知症予防に関しては世界中で研究が重ねられるも、劇的な予防方法はまだ解明されていない。予防に関して一番大事ことは【やり続けること】であると述べられました。
なぜなら、認知機能維持・低下に効果的とされる活動や方法の周知や啓蒙をしても、最初のモチベーションの継続が無残にも打ち砕かれる→多くの人達が継続してやらないという事実が存在するからです。そして、その要因を「身体的または精神的要因」「対人的要因」「環境要因」とカテゴリー別に分類して挙げられました。そうした阻害要因の数々については、大変興味深く感じるとともに、これまでの自分たちの経験を振り返り、大いに納得したことでした。
 
 最後に、継続を阻害しにくく、できるだけ無意識でも生活の中に取り入れることのできるものとして考案された「コグニライフ」のうち、買物行動の中でできる幾つかを、先生ご出演の動画資料を使いながら、紹介して下さいました。
,舛腓ぢしウォーキング
買物はなるべく歩いて行き、歩く時には足を5センチ前に出し、膝を挙げるのではなく、後ろ足を大きくけるように、歩幅と一緒に背筋柄を伸ばした姿勢で歩く。
脳デュアルタスクの一筆書きショッピング
メニューで使う食材を記憶しておいて、スーパ―の同じ通路を通らないように一筆書きで、買い廻る方法
なるべく店入口から遠いところに駐車したり、・店内のエレベーターやエスカレーターを使わずに、身体に負荷をかける



コグニライフ買物編

 さらに、国立長寿医療研究センターでは、モチベーションを高め、維持するための工夫を凝らしたアプリや場が沢山用意され、実験が続けられている旨のご紹介がありました。
 
 そして、最後に認知症予防活動というのは、基本的には誰かがやってくれることではなく【自分でやること=やる気にならなければ始まらない。やる気スイッチはそれぞれ異なるので、様々を試してみて、自分の琴線に響く=自分の価値観に合ったものを見つけて実践するのが長続きの秘訣】だと、講話を締めくくられました。 

 次ぐ基調講演「最近のことを話そう」では、大武美保子代表理事・所長が最近の事を話すことが、なぜ認知症予防にいいのかということについて述べました。

基調講演演題

(1) 最近の話をすることは、なぜ認知症予防によいのか
 世の中で高齢者は最近の話よりも昔の話をする傾向が見られることは、人生経験の長さが関係するも、以下の記憶のプロセス上での機能の低下がもたらすものだと述べました。
すなわち、記憶というのは以下の3つのプロセスをきちんと踏んだ時に成立します。

【覚えること】(記銘)…体験したことを頭に刻み込む、覚えること
【覚えておくことと】(保持)…体験したことを覚えておくこと
【思い出すこと】(想起)…思いだすこと
最近の話をする時には=´↓がきちんとできていると言える。
昔の話をする時には=↓ができていると言える。,論里任ていたが、今できるかどうかはわからない。
最近の話をしなくなった=最近のことについて´↓のいずれかができない可能性があることを意味する。昔の話ができるのであれば、↓はできているので、,できなくなっている可能性が高い。この機能は認知症になると最初に低下する機能でもある。

 最近の話をしない時に、最近の話をしようとしないだけでしようとすればできるのか、しようとしてもできなくなっているのかは、話してみることを通じて確かめることができます。
 脳には可塑性があるため、最近の話をしていないと感じたら、衰えやすい認知機能を底上げするべく、「最近の話をする」ように心がけるとよい、説きました。

最近のことを話せる時、話せない時の記憶のプロセス

(2)共想法は最近のことを話すのにふさわしい手法
 認知症予防のための会話支援手法として考案した共想法は、予め設定されたテーマに沿って撮影した写真を持ち寄り、時間と順番を決めて、話し手はそれぞれ、映し出された写真を時間内に話し、その後他の参加者からの質問などに答え自分の体験をより深く考える手法で、一連の作業を通して、「体験記憶」「注意分割機能」、「計画力」等を総合的に使い、歳を重ねると誰でも起こり得る認知機能低下を遅らせ、長持ちする脳の使い方を実践するものと説明しました。そして「最近のことを話す」のに効果的なお勧めのテーマとしては「10分歩いてみつけたもの」だとのアドバイスがありました。
 また理化学研究所での研究で「共想法をした人」と「雑談をした人」との比較実験に於いて、記憶機能の高い人は最近の話をする傾向が強く、さらに過去に得た体験や知識を織り交ぜて話すなど、記憶機能をふんだんに使っていることが検証されたことを紹介しました。最近のことを具体的に話すために、その周辺情報などを収集したり、スマホや写真に記録することを習慣化することは、最近の話をするために役立つことだと述べました。

(3)共想法は会話支援手法から会話訓練法へ
 これまで共想法は、認知機能を活用する会話のやり方を助けるという意味で、共想法を会話「支援」手法と呼んでいました。共想法は「最近の話をする」ことは勿論、さらに「よく聴く」「聴いたことを憶えておいて、それに質問する」という認知機能低下を抑えるために、難易度の高いプロセスを擁しています。これからは、共想法に参加している時に、認知機能を活用するだけでなく、認知機能を活用する会話のやり方を、日常生活における会話において習慣化させるための、会話「訓練」法としていきたいと、抱負を述べました。

(4)共想法に参加するには
 現在、共想法への参加はコロナ禍で集合が叶わなくなったため、オリジナル開発のアプリを搭載したスマホやタブレットを使って、全国どこからでも参加できる遠隔共想法をメインに実践しています。今後は、遠隔でも勿論参加できるが、ある場所に何名か集まれば、そこで遠隔参加者と共に現地で共想法に参加できるような、ハイブリッドなやり方を考えているとし、2023年度内の開催予定を案内しました(2024年1月9日と、3月6日・於ラコルタ柏)。また、2023年11月に再開した、街歩きと対面の共想法のコラボである「街歩き共想法」も恒例行事と展開していきたいとして、参加をご案内し、終話しました。

  休憩を挟んでの対談では、両講師が「年末年始こそ、認知症予防」と題して、昨今は世代や家族構成による年末年始への意識や行動の変化は見られるものの、家族や友人たちが集まる機会が多く、一年を振り返り、新しい一年の計画を立てる頃でもあるため、この時ならではの認知症予防に効果のある過ごし方ついて意見を交わしました



対談

 まずは、この1年の記憶を整理し、それに基づいて次の1年の計画を立てるなど、まさに最近のことを思い出し、話すことで認知機能を活用するチャンスでもあると位置づけられました。さらに、好ましい食生活として、DHAやEPAを含むゴマメや、ポリフェノールを含む黒豆等、積極的に摂るべき食材を使った多様なおせち料理の数々を少しずつ食することが挙げられました。また、カルタ、百人一首、花札、トランプなどのカードゲームで記憶力を活用し、社寺等の階段の昇降で筋肉に負荷をかけ、遠回りしての初詣で有酸素運動するなど、年末年始には、頑張らなくてもできるコグニライフにつながる伝統の生活習慣が多々あることを再確認、来るべき年末年始には、改めてこうしたことを意識しながら過ごそうと思ったことでした。

 事後のアンケート調査では2度目のハイブリッドで開催にも関わらず、画面、音声、運営等の課題へのご意見をいただき、次回の反省材料になりました。比較的狭い会場での開催が案じられましたが、身近で講師の先生の講話が聴けたのがよかったというお声や、生活の中に気負いなく取り入れる認知症予防の情報が得られたので、早速取り入れたいというご意見をいただき、休心したことでした。

ご参加の皆様

 講演会終了後の多目的スペースでの交流会には、講演会に引き続きご参加いただいた方が多く、嬉しいことでした。大武所長の挨拶の後、記念写真を撮り、共同研究先の伊藤園様の多種のペットボトル飲料のうち、お好みのものお選びいただいて、乾杯。次いで全員が、時間を決めて自己紹介をし、その後は、講師の先生や久方ぶり、あるいは初めての御目文字同士が歓談し、17時過ぎに「どうぞ良いお年を」と挨拶を交わし、お名残り惜しく散会しました。

記念撮影


歓談の様子1


歓談の様子2

  最後になりましたが、今講演会・交流会開催に当たり、様々なサポートをしていただきましたパレット柏や柏市高齢化支援課のご担当の方々、また国立長寿医療研究センターの方々、並びにご参加、ご尽力いただきましたすべての皆様に深く御礼申し上げます。ありがとうございました。

市民研究員 鈴木晃・長久秀子

  2023年12月5日(火)14時30分より、ほのぼの研究所クリスマス講演会を開催いたしました。   本年8月のNPO法人設立15周年記念講演会に続き、会場とオンラインでのハイブリッド形式での開催で、柏市のフレイル予防ポイント事業としても承認されました。 今講演会は、「暮らしに取り入れる認知症予防」と題して、国立長寿医療研究センター 老年学・社会科学研究センターセンター長 島田裕之先生を招待講演講師としてお迎えし、「招待講演」「基調講演」「両講師の対談」「交流会」の4部形式としました。動画をクリックすると再生が始まります。大きい画面でご覧になりたい方は、その後右下に表示されるYouTubeという文字をクリックすると、YouTubeのページが開きます。YouTubeのページからは、全画面表示が可能です。

招待講演
【暮らしに取り入れる認知症予防】頑張らない認知症予防:コグニライフのススメ 島田 裕之

基調講演
【暮らしに取り入れる認知症予防】最近のことを話そう 大武 美保子

両講師の対談
【暮らしに取り入れる認知症予防】対談−島田 裕之×大武 美保子 「年末年始こそ、認知症予防」

弟と行く旅の栞

カテゴリ : 
今日の共想法 » 創ってみた
執筆 : 
NagahisaH 2023-12-24 8:00
 昨年9月に58歳の義妹を自宅介護で看取った弟が、「姉ちゃん、京都行きたいなぁー」と。京都への独り旅が生き甲斐になっている私は、弟が時には落ち込んでも、「自分を創る」機になると良いなと、弟とのふたり旅のための世の中に唯一のオリジナルの「栞」を創りました。アクセス、寺社仏閣の説明、予約等沢山詰め込んだタイムスケジュール付きです。表紙は2019年に行った秋旅の写真、どれにしょうかな‥と、試行錯誤をしながらの時間も、心は旅の先どりができて、楽しいものでした。

継続コース参加者 S.N.さん



心をこめて創ったオリジナル京都旅の栞

コメント:市民研究員 H.N.さん
ご姉弟仲がとてもおよろしいということは、伺った記憶があります。京都旅大好き!!のお姉さまならではの、お優しい心遣いはさぞ喜ばれ、お二人にとって心に残る貴重な旅行になったことでしょう。
 私の家の庭の梅で作ってみた梅酒です。 毎年 たくさん実がなるので通りがかりの人にも分けて差し上げています。この梅酒に使った梅は中くらいの大きさです。 生ザラメの砂糖とリキュールで漬けましたが、年末には美味しくいただけると思っています 梅を分けてあげた方は、今年は梅干しを作ると言っていましたが、 私が一番多く経験があるのは梅酒なので、今年は梅酒にしました。

継続コース参加者 K.O.さん



我が家の庭でとれた梅でつくった梅酒

コメント:市民研究員 H.N.さん
漬け始められた頃の写真からでも美味しそうに見える特製のこの梅酒は、きっと年末のこの時期には熟成が進み、賞味されている頃ではないかと想像しています。中ぐらいの梅とのことですが、傷もなく、大変立派なように見えますし、ホワイトリカー、氷砂糖などとは違って、生ザラメ、リキュールと素材にもこだわられていらっしゃるので、一度でいいのでお相伴に預かりたいと思いました。
 毎年、春と秋に湖へ釣りに出かけるのが、私の一番のストレス解消法です。写真は梅雨明けごろ、天気を見計らって出かけた、朝6時前の光景です。これから1日を楽しく過ごせるか、苦労して魚と格闘するか、期待の始まる時です。ここは 房総半島の真ん中にある、鴨川に向かう途中にある三島湖です。釣り宿が多くある人気の場所です。この日は、日帰りだったので、朝3時に柏を出て、舟上でヘラ釣りを8〜9時間楽しんで帰りました。釣れても釣れなくても、自然の中で1日過ごせることがストレス解消になります。

市民研究員 A.S.さん



早朝の三島湖


コメント:市民研究員M.M.さん
房総半島にある、三島湖でのヘラブナ釣りがストレス解消法とは、うらやましい限りです。早朝3時出発で、丸1日かけての釣りは体力的にも、大変でしょうが、釣果があった時には、喜びもひとしおで、疲れも消えてなくなること請け合いでしょうね。

身体を動かすこと

カテゴリ : 
今日の共想法 » 好きなものごと
執筆 : 
MatsumuraM 2023-12-3 7:00
  身体を動かすことがとにかく好きです。中でもダンスが好きで、年に一度の舞台を楽しみにしていましたが、コロナでスタジオが閉鎖されてしまいました。 今は、毎朝軽くジョギングをして、ジムにも通っています。ただ、天気の悪い日など家の中で運動しますし、コンディショニングも必要です。 奥にある黒くて丸いのは、少し前に新しく始めたトランポリンを組み立てた新品です。紫のバランスボールは、椅子替わりに座ってテレビを見たりもします。白いシューズは、ソウルが分かれていてダンスにも適したもので、最近はオンラインでダンスレッスンを受けています。 リビングにこれらを広げ、トレーニングやストレッチに励んでいます。

継続コース参加者 C.S.さん



身体を動かすための色々なアイテム

コメント:市民研究員 M.M.さん
身体を動かすことは良いことですね。ダンスをしたり、ジムに通ったりで、大忙しですね。私もジムに通っていますが、現状維持の体力に保つのが、精いっぱいです。ジムは、週1回、月4回のコースです。無理をすると、身体が痛くなるので,体力に合った機器の操作で、続けることが大事ですね。

街歩き共想法流山本町実施報告

カテゴリ : 
ほの研日誌 » 行事
執筆 : 
NagahisaH 2023-11-26 8:00
 2023年11月7日(火)千葉県流山本町界隈を散策して、共想法を行う街歩き共想法を実施しました。ほのぼの研究所主催による街歩き共想法は6年ぶり、またコロナ禍を期に共想法をタブレットやスマホで行う遠隔共想法に移行していたため、対面で共想法を行うのは約4年ぶりのことでした。
 昨今は、「都心から一番近い森のまち」「人口増加率連続トップ」…等々新しい街のイメージが強い流山市ですが、江戸川沿いの旧市街は江戸時代から明治、大正にかけて商業の中心地として栄えていました。今も当時の面影を忍ばせる老舗の店舗や多くの社寺が存在しています。また、白みりん発祥の地でもあり、都心から一番近いローカル線流鉄流山線も走っています。比較的限られたエリアに、見どころが点在しているため、誰もが負担が少なく参加しやすいところとして選びました。

街歩き共想法流山本町の案内チラシ

 11月に入ってからも夏日が続き、当日も当然のように小春日和を想定していたため、夜来の風雨には不安になりましたが、流鉄流山駅での集合時間頃にはそれもおさまり、一安心。コロナ禍以来久しく画面上でのやりとりしかしていなかったお仲間や体験参加者との笑顔の対面が叶いました。大武先生の挨拶の後、記念写真を撮り、市民研究員、共想法参加者、体験参加者、理研のスタッフ計21名の参加者は、早速3グループに分かれて、ランチを終えて共想法に参加する会場に集合するまでの約3時間弱の散策を、奇しくも流山街道を渡って右折、直進、左折と3方に分かれてスタートしました。

出発の前に記念撮影


散策コースを相談中

各グループのリーダーは市民研究員が務めさせていただきました。各グループの散策コースは以下の通りでした。
第1グループ:
村田畳店➡新川呉服店➡浅間神社➡近藤勇陣屋前➡流山まちなかミュージアム➡一茶双樹記念館➡(ランチ)
(解散後も有志で光明院、赤城神社、村田畳店へ)
第2グループ:
(株)秋元(市産品販売)➡近藤勇陣屋跡➡葉茶屋寺田園(ランチ予約)➡閻魔堂➡常与寺➡浅間神社➡新川呉服店➡(ランチ‥葉茶屋寺田園)・流山万華鏡ギャラリー&ミュージアム➡流山まちなかミュージアム   
第3グループ:
新川呉服店➡笹屋商店(布団)➡浅間神社➡常与寺➡紙平醤油醸造所跡➡流山万華鏡ギャラリー&ミュージアム(葉茶屋寺田園)➡流山まちなかミュージアム➡一茶双樹記念館➡赤城神社➡(ランチ)

街歩き中 閻魔堂付近


街歩き中 一茶双樹記念館の庭

 事前に配布した観光案内を参考にランチスポットをを予約したちょっぴりグルメ派、老舗の店舗内で店主とも会話を交わした交流派、往時の街並みやたたずまいを満喫したごゆるり派の3グループは、比較的限定されたエリアにも拘らず、グループ同士が同じスポットで出会うことはほとんどなく、それぞれの散策を楽しんで、13時の共想法開始に合わせて杜のアトリエ黎明に集まりました。ここは流山市出身の画家夫妻のアトリエ跡で、流山市が寄贈を受け、市民の芸術・文化活動の拠点としているところです。雨あがりの美しく色づき始めた木々や季節の花にあふれた美しい庭園を眺めて、早めのお茶をいただき、談笑しながら、散策時に撮りためた写真の中から、今回の共想法のテーマ「私の発見」に使う傑作を選び、写真登録などの実施準備を待ちました。

杜のアトリエ黎明入口

 果たして、4年ぶりの対面の共想法が「これから共想法を始めます!!」という司会ロボット:ぼのちゃんの元気な声で始まりました。準備の都合で写真1枚ずつ4セッションを行いましたが、事前に情報を得て街歩きに臨まれた方が多く、同じスポットを巡った方々同志でしたので、質疑応答はとても活発に交わされました。さらに、同じスポットをめぐったのに気が付かなかったり、視点の違う見方もあったりと、共想法に参加することでさらに新しい「私の発見」をすることができました。また、体験参加者の方々もすぐに馴染んで共想法の輪にも入っていただけて、和気あいあいのうちに、終えることができました。

共想法実施風景1


共想法実施風景2

 午前中の街歩きで、多くの方々がほぼ1万歩程を歩かれたようです。ご自宅から街歩き共想法に参加されることで、充分に身体を動かし、様々な認知機能を使われ、しかも久方ぶりの対面も叶って楽しく過ごされたようで、皆様が笑顔で、さらに見落としていたスポットやお土産屋さんに行くからと元気に告げながら、帰途に着かれたのを拝見して、担当者として安堵したことでした。
 そして、体験参加者お二人が、早速賛助会員になられて、近々共想法に参加されることになったことも嬉しいことでした。

市民研究員 根岸 勝壽・吉田 美枝子

 はっきり思い出せないのですが、数十年前だったでしょうか、岩殿山に登った際に、近くに日本三奇橋の一つで国の名勝ともなっている「猿橋」という橋があることを知りました。一度は行ってみたいと思っていたのです。橋を渡ってみると、30メートル程の長さ、そして橋下の谷底までも30メートル程の深さでした。4層の刎ね木(はねぎ)でこの橋の両側は支えられているそうで、その姿にも圧倒されました。この周辺の地域には桃太郎伝説もあるとか。大月市JR猿橋駅からも近い場所でした。

市民研究員 K.S.さん



三大奇矯の一つ猿橋

コメント:市民研究員 A.U.さん
  江戸時代では木材を用いたそうですが、今では鋼製の橋げたに木材を張り付けて江戸時代の構造を復元しているそうです。理論を読んでもへぇと驚くばかり。江戸の巧の知恵はすばらしい。それにしても30m下は谷底と聞くと足がすくみそうです。

天の川の撮影

カテゴリ : 
今日の共想法 » 新しく始めること
執筆 : 
UotaniA 2023-11-12 8:00
  新しく、天の川の撮影を始めました。ネットでお勧めスポットを調べたところ、千葉県南房総市白浜の野島崎とあったので、そこに行って撮影しました。ここは朝日の鑑賞の名所でもあります。大きな岩の上に観賞用の白いベンチが置いてありました。このベンチの左上に向かって白く見えるのが天の川になります。岩やベンチが明るいのは、後ろに灯台があるからで、その灯りに照らされて、写真に映っているのです。

市民研究員 K.N.さん



野島崎から撮影した天の川

コメント:市民研究員 A.U.さん
  時間を忘れて見入ってしまいそうな夜空です。白いベンチに座るのは肩を寄せ合う二人の若者?それとも手を握り合う初老の夫婦?そんな想像を掻き立てます。美しい写真の陰にあるK.N.さんの熱意とご苦労に感謝!