ログイン | 新規登録
メインメニュー
 : 2018年ほの研十大ニュース
投稿者: fri 投稿日時: 2019-1-1 8:00:00 (357 ヒット)

2018年は、2008年にNPO法人ほのぼの研究所を設立して10周年となる節目の年でした。ほのぼの研究所十大ニュースを発表します。

1.NPO法人設立10周年を迎える(6月)
  多くの方に支えて頂き、次の10年に向けて新たな一歩を踏み出す。

2. 「超かっこよく老いよう」ワークショップ(4月)
  講師に帝京大学准教授森玲奈先生を迎え、
  かっこよいと思うこと、それを実現するための方法について、グループ討議。

3 .柏市認知症予防講座(6-7月、全3回)
  「質問力をつけて認知症予防」
  共想法見学中も、質問を考えながら話を聞くワークを導入。

4.認知症予防無料講習会(11月)
  「よりよく生きるためもっとよく識る」
  認知機能チェックアプリを、グループに分かれて体験。

5. 途中から参加しやすい共想法継続コース(通年、毎月)
  難易度の異なる2種類のテーマを設定し、毎月1回ずつの開催に改良。
  多くの方が、年度途中から共想法継続コースに参加。

6 .NPO法人設立10周年記念講演会(6月)
 「認知症になりにくい社会をつくる」
  招待講師 千葉大学教授近藤克則先生

7 .NPO法人設立10周年記念クリスマス講演会(12月)
 「質の高いエイジングを共に目指す-介護予防のイロハ」
  招待講師1 東京都健康長寿医療センター研究所主任研究員 河合恒先生
  招待講師2 牧田総合病院 地域ささえあいセンター センター長 澤登久雄様

8.NHKEテレ「あしたも晴れ!人生レシピ」取材協力(6月)
 「AIでどう変わる?超高齢社会」特集において、
  会話支援ロボットを用いた共想法が放映。

9.共想法臨床試験の実施者養成研修協力(6月)
  実施者養成研修に、被験者役としてほのぼの研究所の市民研究員が参加。

10.会話支援ロボットぼのちゃん5号本格導入(6月)
  NPO法人設立10周年記念講演会において実演、各拠点にて利用開始。

2019年1月
NPO法人 民産官学連携研究拠点
「ほのぼの研究所」一同

印刷用ページ このニュースを友達に送る