ログイン | 新規登録
メインメニュー
ほのぼの研究所
担当者 NagahisaH  登録日時 2022-11-22 10:37 (133 ヒット)

「超高齢社会におけるサクセスフルエイジング」クリスマスオンライン講演会
 ライブオンライン講演会(ZOOM)
 ※後日、本講演会の模様は動画にて一般公開いたします。 (詳細後日御案内) 
開催日時:2022年12月20日(火)13:30-
 定員:150名(先着順) 締め切り:12月18日(土)
 お申込み:ご案内チラシの下に表記してあるウェブサイトににアクセ スいただき、必要事項をご記入下さい。折り返し確認のご連絡を差し上げます。

開始時間 13時30分

開始時間 13時30分
招待講演講師は長年精神医学、神経心理学にて、認知症や老年期うつ病等の診療、研究に邁進されるばかりか、工学技術や経済課題など、多方面でもその専門性を発揮してご活躍で、メディアへのご登場も多い慶応義塾大学医学部精神・神経科学教室の三村將教授です。
 人生100年時代」といわれるようになって久しいことですが、今や百寿者は8万人を超え、さらに加速度的に増えてきている百寿者が当たり前、認知症が当たり前となった時代に、認知症の「予防と共生」を考えながら、社会全体の中でどのように幸福に齢を重ねられるか、どのようなエイジングが望ましいのかについて皆様と知見を共有いたしたいと思います。

プログラム
招待講演
「超「幸齢」社会をどう生きるか?」 
 三村將
2.基調講演
「高齢者の健康を見守り、声掛けするロボットの開発」 
 大武 美保子 
    ―休憩―
3.対談
 「認知症の発症を遅らせ、なっても困らないためにできること」
 三村將 ☆ 大武美保子
4. オンライン交流会(30分)

招待講演講師ご紹介
三村 將先生
1984年慶應義塾大学卒。同年慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室に入局。1992〜1994年までボストン大学医学部行動神経学部門・失語症研究センター・記憶障害研究センター研究員として研究に従事。
帰国後は東京歯科大学市川総合病院精神神経科講師として臨床及び研究を行う。2000年より昭和大学医学部精神医学教室に勤務。講師、准教授等を経て、2011年より現職である慶應義塾大学医学部精神・神経科学教室教授に就任。専門は老年精神医学、神経心理学。認知症や老年期うつ病の診療、研究に従事している。





☆ご視聴のお申し込みは以下ウェブサイトにて承ります。必要事項を必ずご記入の上、お申し込み下さい。 折り返し確認のメールをお届けします。
  https://forms.gle/zRctBgajw1Q6sz6E8